2010年02月26日

【News】ミドル-アース 東京支部のSNS移転プロジェクト

ミドル-アース 東京支部のSNSは現在ミドル-アース 東京支部の活動の連絡や履歴の保存などに活用されているサービスだ。

2008年AGA情報システム部の提案で稼動したこのSNSだが、利用していた「So-net SNSサービス」の停止(2010年6月3日)に伴って移転が必要となった。

ミドルアース東京支部SNS http://met.so-netsns.jp/
So-net SNSサービス停止のお知らせ http://www.so-net.ne.jp/sns/close/

移転先についてはソネットのSNSのエンジン(OpenPNE)を実質的に提供してきた手嶋屋(http://www.tejimaya.com/ )が5月頃には「無料か、手ごろな価格のサービスの構築を行い受け皿としたい」としている。

移転にはさまざまなトラブルがつきものだが、AGA情報システム部は「システム全体の移転と稼動については自信を持っている」としている。
但し「個人の情報・日記等については『ソネットの規約上一括で取り出すツールの提供が行えない』との発表がある、このため個人の情報についての移行については混乱するだろう、周知徹底が重要だ」と懸念を示した。

S=Glass
posted by AGAな人○ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2010年02月15日

理事長の話【2】:AGA今年の目標について

ご存知のかたはお久しぶりです、ご存じない方は始めまして。
AGAの理事長になりました、長谷中 義巨です。

それでは、AGAの活動について、組織や行動から語るというアプローチもあると思いますが、私はまず目標から語ってみようとおもいます。

1)1日1つ何か議員が発言をする。(1日サボる毎に罰金1000円)
2)活動基礎を固める(事務処理、入会、会員管理、会誌発行)
3)正会員を増やす(3名)
4)賛助会員を増やす(5名)
5)パンフレット・クレド完成、配布
6)年間24回の説明

今年の目標は以上の6項目があがっています。

特に重点を置いているのは1・2、5・6です。

*****
まず「1)1日1つ何か議員が発言をする。(mixiなどで、1日サボる毎に罰金1000円)」だが、こういった活動で問題になるのは責任者が、責任を果たさない事です。

その第一が発言しないという事です。

AGAはこれを認めません。
安全地帯にちぢこまって模様眺めをするようなリーダーは必要ないからです。

但し今回は「質」は問いません。

「あ」、でも「ごめん」でも何でもよいがとにかくmixiに一言書き込むのが目標です(もしもまとまった内容が上がれば、当然こちらでも紹介させていただこうとおもいます)。

唯一罰則規定が定まっている事でもわかるようにこれは『最重要目標』なのです。

*****
次に「2)活動基礎を固める(事務処理、入会、会員管理、会誌発行)」。

なぜ「事務処理」が目標となっているかというと、これは「効率の良いアウトプット」のためです。
私のいままでの経験ではイベントなどは「やる」と決めたら実施できるものです。

しかしその後結果をまとめたり、またそれを会員にフィードバック(例えば会誌などで)するのが困難なのです、この部分を強固にするのは「1)」と同じくAGAが関係者に「説明責任」を果たすために最低限必要なことだからなのです。

そして、同時に一般のイベントが実施しにくい「死角」であるからでもあります。
AGAとしてはこういった「死角」を補強することでアナログゲームの活動を増補していきたいと考えています。

*****
3)4)は今年は達成できるかどうかわからないのがこの目標です(また達成しても2)が確立していないと問題が起こる)。

会員を増やすというのは実はそこまで難しいことではないと私は考えています。
ただし、意義を理解してもらい続けてもらうということが難しいのです。

身内で面白がる情報流通ではなく、外から見て評価に耐える情報の流通ができなければ数値の上でこの目標を達成しても(結局維持できないので)無意味と思います。

*****
5)パンフレット・クレド完成
恥ずかしい話ですが2006年から停止しているプロジェクトです。
AGAの活動やそのビジョンを示すための基礎資料としてパンフレットを完成させることは必要なことです。

AGAの目的は"ゲームを社会に貢献させる"ということです。
このためには1)アナログゲーム世界の強化 2)アナログゲームの価値の啓蒙という2段階が必要だと私たちは考えます。

なぜなら1)で「提供できるモノ」を強化することも必要ですし(例えばより幅広い年齢層に訴求する、教育的効果の高いゲームを備え、ゲームイベントを大規模に開催できる人材を揃えなくてはならない)。

2)同時に「強化した提供物」の利用法を「おしらせ」していくことでより効果的にアナログゲームを活用してもらうことができるからです。

『そしてそのために私達は…(こんな方法を取ります)』

…とそういう事がまとめて書いてあるパンフレットになる予定です(あと、アナログゲームには何故価値があるのか?についてもページを割いていますが)。

原稿は既に揃っていますから内容を一部改定するだけで完成するはずですが、楽観はできません。

*****
6)年間24回の説明
これはAGAの活動についての説明です。

ちなみにこの文章がその第一号、理事が説明できない事は、だれにも説明できません。
そして、だれも説明しない事は、間違いなく何の効果も生みません。


あと最低23回、説明責任を果たすつもりですのでよろしくお願いします。

長谷中 義巨
1978年生まれ
6歳からボーイスカウト活動を続ける。
12歳のころからTRPGを始め(TRPGはRPGのボードゲーム版のようなもの)。
TRPGのサークル、さーくる〇まる(中学)、GEAR(高校〜社会人)などのゲームサークルの設立に関わる。
TRPGではイベントとしてのゲームを追及する。
中学ではラグビー部、高校では空手の道場に通う本人曰く「まあそれがバランスってもんです、中途半端とも言いますが」事実どちらもそこそこの成績、おまけながら学業もそこそこ
大阪工業大学中退(2年)→専門学校(2年)と紆余するが結果としては2001年に就職。
現職はコンピューター技術者
その傍らボランティアやゲームの活動を続けていた。
ゲームの活動を続けていた縁でアナログゲームアソシエーション(AGA)の設立にも関わり、理事となる。
2008年9月AGAの暫定最高責任者に就任
posted by AGAな人○ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の趣旨解説

2010年02月10日

理事長の話【1】:ごあいさつ

アナログゲームアソシエーション理事長に就任する事になりました、長谷中と申します。

ご存知のかたはお久しぶりです、ご存じない方は始めまして。

このテキストでは「アナログゲームアソシエーション」の大まかな方向性やその価値についてご説明させていただくことでご挨拶に代えさせていただきたいと思います。


『アナログゲームアソシエーションという名前について。』


「アナログゲームアソシエーション」は「アナログ」な「ゲーム」を通じて行なう「教育」や「娯楽」の価値を社会に生かす事を目的とする「アソシエーション」です。

アソシエーションという言葉は聴きなれない言葉かもしれませんが、例えばYMCAの最後のAはAssociation(アソシエーション)の略です。

YMCAは、当時のイギリスで社会からあぶれてしまった若者達の連携と助成を目的としたキリスト教徒の同志共同体(Young Men’s Christian Association)です。
ちなみに今のYMCAはキリスト教徒以外も参加できますし、日本などでは宗教的な展開は行なわれていないと思います、むしろキャンプへの引率やスポーツジムでの体育で社会貢献を果たすNGOとして活動されています。

アナログゲームアソシエーションという名前はつまり「アナログゲームを社会に生かすための同志連盟」という意図です。


『なぜアナログゲーム?』


なぜアナログゲームを活動の軸に置くのか?
これは皆さんが持つ疑問でしょう、「なぜゲーム?」「そんなもので社会に貢献なんてできるの?」「遊びじゃん?」

その答えの1つ目はまず皆さんのご指摘のとおりです、私たちがアナログゲームを扱うのはそれが「面白い」からです。
そして2つ目、アナログゲームが「人と」やる遊びだからです。

「苦痛なことをすることが尊い」という考え方もありますが、「学ぶ」ということの本質を考えれば「苦痛」というのは別段必要なことではありませんよね?

アナログゲームは様々な分野について学ぶきっかけを作り、そのモデルや構造について学ぶのに最適な方法です(逆に年表や、数学的な詳細を学ぶのに適しているのは座学であろうとおもいます)。

そして、実際に「人と」プレイするため、「一つのパターン」を突き詰めるだけの遊びにならないのです。

3つ目に「モデル化された仕組みつまりルールに基づいて」人と遊ぶものだからです。

この「ルールに基づいて」遊ぶことにより、年齢や性別を超えて、対等な立場で意見や行動についての真剣な対話が可能になるのです。
話術の巧みさや、声の大きさだけでは結論が出ないところが「ゲーム」の面白いところです。

そして最後に「テーマ」によっては普通の人が理解し得ない社会の仕組み(例えば「金持ち父さん、貧乏父さん」のボードゲームは日本ではほとんど学ぶ事の出来ない「金融常識」の構造をテーマにしたゲームです)を学ぶ機会になるからです!


「モデル化された仕組み」=「ルール」に基づいて人と人とが交わるというのは実は社会そのものと非常に類似した構造です。


アナログゲームはコンピューターゲームとは違い単に「楽しい刺激的な遊び」という枠を超え。

そのゲームの「テーマ」となっている事物を「学び」、「ルール」に基づいて「人へ影響を与えたり、行動を予測したりする能力を培い」、そして「楽しい」……楽しいということは「学ぶ」上で大切な「興味」をかき立てる最大の要素です……「遊び」なのです。


アナログゲームアソシエーションでは、こういったゲームをあなたとあなたの家族にマッチする形で提供する事で、「あなたと社会にアナログゲームが貢献できる」未来の構築をめざします。


*****
長谷中 義巨
1978年生まれ
6歳からボーイスカウト活動を続ける。
12歳のころからTRPGを始め(TRPGはRPGのボードゲーム版のようなもの)。
TRPGのサークル、さーくる〇まる(中学)、GEAR(高校〜社会人)などのゲームサークルの設立に関わる。
TRPGではイベントとしてのゲームを追及する。
中学ではラグビー部、高校では空手の道場に通う本人曰く「まあそれがバランスってもんです、中途半端とも言いますが」事実どちらもそこそこの成績、おまけながら学業もそこそこ
大阪工業大学中退(2年)→専門学校(2年)と紆余するが結果としては2001年に就職。
現職はコンピューター技術者
その傍らボランティアやゲームの活動を続けていた。
ゲームの活動を続けていた縁でアナログゲームアソシエーション(AGA)の設立にも関わり、理事となる。
2010年1月AGAの理事長に就任
posted by AGAな人○ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ
Powered by さくらのブログ