2011年03月09日

理事長の話【4】AGAの価値基準

組織の価値観を明示することが経営の最初で最大の義務であると私は考えている。

なぜならば、この価値観をアイマイにすることは経営者の卑怯であるからだ。

曖昧な価値観に基づいた場合(たとえば「安全第一、品質第一、顧客第一(そして内部的に利益第一)」を掲げていたりする場合)、現場がこれらの価値の順序を判断することになる。

もしこの判断で問題が起こった場合、経営者(あるいは上司)はこう言うはずだ「普段からそうは言っていなかったですが(なんせすべて一番って言ってたもんね!!!)…現場はよく叱っておきます」。

しかしこの問題の原因は現場が価値観の順序の判断を間違えたことには無い、経営者あるいは上司が価値観の順序を示さなかった事にある。

AGAのリーダーの最初で最大の義務は価値観を示すことだ。そしてその価値観でトラブルが起こった場合、必要に応じて責任を取ることである。

責任を取るとは、価値観の意図を説明し、謝罪し、ある場合には保障する事、そしてある場合にはその取引を停止することである。

【ステークホルダーについて】

1st 会員

2nd 従業員

3rd ゲーム発信者(アマチュア・個人経営)

4th 市民

5th ゲーム業界

AGAが最も重視するのは、同志としての会員および従業員である。

彼らが現実に対する行動をすることが善悪を超越して"新しいゲーム、新しいスタイルに挑戦する"事になるからである。

従業員と会員で会員が重視されるのは、従業員という官僚職の人間よりも、アナログゲームの振興に尽くす"個人としての会員"を優先するからである。

次に優先されるのはアナログゲームに関わる個人である。アナログゲームを前進させてきたのは無名のゲーム紹介者あるいはゲームマスターであるとAGAは信じる。

次に潜在顧客である市民である。市民の順位が低いことは市民軽視ではない。

AGAの想定する会員や従業員は市民に受け入れられるゲームやそのシナリオを構築することを目的とする。

会員や従業員、そしてゲームの発信者を優先することで、結果として市民にとって優れた価値が発生すると信ずる。

最後に意識するのはゲームの業界である。AGAは現在の産業としてのゲームを成り立たせた先人たちに敬意を払う。

【価値観】

"アナログゲームのあり方に新しい方向性を提示し、世界を豊かにする。"

1st 新しい価値観の研究・調査・提示

2nd 表現・伝達

3rd 提示した未来の自力での実現

4th 効率性

5th 提供される価値の品質

AGAはまず新しい価値観の研究及び提示をその第一の優先とする。AGAが独力での新しいスタイルの発明という形とともに調査の過程で発見されたスタイルやゲームを広く一般に提示しそれを流布することを第一優先とする。

第二にそれをより理解されやすい、面白い形の表現へと置き換えることを重視する。そのスタイル、ゲームの良さを"伝達"できる形へ変換することでより一層の議論促進をさせることを目的とする。

第三には提示した新しいスタイル(未来)の自力での実現である。AGAは提示と議論を最優先するが、これらの実現にも努める。

第四には活動の効率性である。これは官僚主義、その他の無用な修飾主義によるロスをゼロにすることでよりアクティブな活動を優先する事を目的とする。

第五にはこれらの提示、実現する価値の品質である。AGAは"品質第五"となっているように完璧主義を取らないが、可能な範囲で考え尽くし、品質の向上に努める。

【3ステップ】

1st 好奇心を高いレベルで持つ

2nd 記録

3rd 発信

第一に"好奇心を高いレベルで持つ"ことである、社会とゲーム全体について高いレベルの好奇心を持ち、調べ、仮説を立てる。

第二にそれらを必ず保存する。

第三にそれらを必ず発信する。そして可能であればそれの特性をより明示する形の表現を行う。
posted by AGAな人○ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の趣旨解説
Powered by さくらのブログ