2012年04月05日

AGL11【Last Night on Earth】プレイレポート

2012/04/01 Last Night on Earth プレイレポート

_LastNightOnEarth.jpg

ゲームプレイを思い出しつつ、記憶の抜けてる部分(かなり抜けてます。すみません)は、勝手な脚色で書いてます。
間違えてる部分であるとか、「俺はもっとヒロイックだったぞ()」とかあればお知らせ下さい。


なお以下文中の色文字は、ゲームでイベントカードが使われたことを意味します。
青字はゲームプレイ上での有利な効果(ヒーローカード)赤字不利な効果(ゾンビカード)を表しています。



何かがおかしい。
おぞましい怪物が村中に充満し、禍々しい気配に満ち充ちている。
そして隣人達はどこに行ったのだ!今朝から全くと言っていいほど人の気配がない。
怪物はおぞましくも人に似せた形をしている。…まさか、誰かが、また。

今はとにかく村人たち――みな私の教え子たち――を見つけ出し一刻も早く隣町へ避難するのだ。
  ――校長ゴメスの手記――

# # # # # # # # # # # # # # # # # # # # #
続きを読む
posted by AGAな人○ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2012年03月24日

AGL10【人狼】プレイレポート

2012/3/22 人狼レポート

ドイツ北部の寒村、その村で突如起こる殺人、引き裂かれたその遺体を見た古老は怯え、村人の動揺と興奮を振り切るようにその場を離れていった。

君は、しかしその古老の態度を見て、ある時の事を思い出す。

続きを読む
posted by AGAな人○ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2012年01月27日

ボードゲームハガキサマリー公開

ゲームのハガキサイズサマリーの公開を開始しました。
Googleドキュメントで、全世界公開中(笑)。
_Acqu_Hagaki_Summary.jpg

ラインナップは
・ラストナイトオンアース (ヒーロープレイヤー用)
・アクワイア
・モダンアート

https://docs.google.com/open?id=0BxLKCEOniee8NmMxOGJhMDQtNGMxMi00ZmQzLWI3MzMtNDlhZGEzMTg5ZDAw
posted by AGAな人○ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2012年01月20日

AGL3 【LAST NIGHT ON EARTH】プレイレポート

「地球最後の夜」は"ゾンビが現れた町での生存をかけた戦い"を楽しめるゲームです。
プレイヤー同士の協力と、最善を目指した選択、そしてゾンビを操るプレイヤーの様々な妨害(イベント)を克服するゲームです。

SH3G0808.jpg


ゾンビを操るゾンビプレイヤーと、それと対決するヒーロー側のプレイヤーに分かれて遊ぶのですが、ゾンビ映画にある様々なシチュエーション(たとえば「トラックに乗って逃げろ!」や「館に立てこもれ!」「夜までに20体のゾンビを倒せ!」)が用意されていて、何度も遊ぶことが出来ます。

今回のアナログゲームラウンジで遊んだシナリオは『Escape in the TRUCK』(トラックで逃げろ!)。
制限時間内に街のどこかにある【燃料】と【トラックの鍵】を探し出して脱出することが目的!

SH3G0806.jpg


続きを読む
posted by AGAな人○ at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年11月09日

アナログゲームラウンジ 開催報告

2011年10月30日にアナログゲームラウンジを開催しました。

「ボードゲーム=会議室とペットボトル」から「大人の遊び」としてのボードゲームへ。

ゲームのプレイと、食事会を合わせたイベントです。

AGL20111030


AGAサイト内での告知 第一回 第二回
mixiのイベント
FBのイベント
posted by AGAな人○ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年11月05日

『円高還元は自力で』個人でゲームを輸入してみた!実験レポート

円高が続く昨今、日本のグローバルな購買力はうなぎ上りですね。

アメリカの産業振興として始まったこの円高もプラザ合意のように『既成事実』となりそうです(1ドル50円なんていう声まで聞こえてきます)。

まあ、僕たち庶民としてはお国や大企業の悩み(円高が過ぎて輸出ができない、海外で稼いだ利益が減衰してしまう)とは縁遠いわけですが、折角やってきたチャンスですから、"強い円"の恩恵を個人的に受けてみましょう。

■US.Amazonからの購入
※ちなみに単にボードゲームを仕入れるだけであればドイツのアマゾンから買えば海外へも発想してくれるのでより安いと思われます、今回はLEGOゲーム(LEGOゲームはボードゲームのカテゴリに入っていないらしくドイツアマゾンでも海外発送は無しになってました)もまとめて買いたかったのでアメリカのアマゾンから購入をしてみました。

□【結論】
読み物としては最後にとっておきたい結論ですが、まあしかしレポートなので初めに述べます。

『結論としては12品目、11ゲーム、1ダイスセット(D6×100)購入でアマゾンへの支払いが\23,000-前後で、送料が\12,000-、結果として\18,061-(+α)のゲインでした。』

 ■購入実績データシート

実際の購入方法などに興味があれば↓を読み進めてください。

■内外価格差
Amazonなどの大手通販サイトでは商品供給を受けるメーカーとの関係上「海外発送可or不可」が商品に設定されています。

たとえば今回キーになったLEGOなんかが顕著なのですが、アメリカ価格と日本価格に劇的に大きな差が存在するものがあります。

つまり"希望小売価格"が日本では大体3割増しなのです(大体1ドル140円くらいの計算で値段がつけられています)。
しかも、今のように1ドルが80円程度まで為替が変化すると、価格差はおよそ倍となります。

■輸入仲介業者
個人で輸入事務をするのはノートラブルでも相当大変です。

そこで、輸入を仲介してくれる業者に依頼します。

今回gooping(https://www.goopping.jp/ECommerce/gp/forwarding/)に依頼しました。
データ上の比較では最も安い業者でしたし、実際データを見てもらえば分かるように手数料としては2500円程度(10%)と概ねの相場どおりの価格でした。


 US.Amazon           gooping        日本AGA事務所
   □−−−アメリカ国内発送−→ □ −−−海外発送−→ □
             ユタ州にある仲介倉庫

■注文
US.Amazonで注文しgoopingの倉庫宛に商品を届けてもらいます。
○注意が必要なのは、注文した内容は即座にgoopingのサイトにも申請しないといけない事です、申請をせずに商品がgoopingに届けられると罰金が発生します。

goopingはとりあえず商品をチェックして、出来るだけ包装をまとめて海外発送(アメリカから日本の送付先へ)してくれます。

■配送
海外発送の送料は今回8000円ほどでした、最後に関税が1200円ほどついていたので、これを国内輸送をした運送会社に支払いました(今回は佐川が届けてきて、配達員にこの1200円を支払いしました)。

※細かな額に興味があれば「結論」にリンクを貼っているデータシートをご覧ください。

■思うところ
価格を見たら、ちょっとびっくりするでしょう。
なんせ海外向け送料、関税を載せた後でも4割ほど国内価格のほうが高いからです。

これを見ると価格では日本でのゲームは"専門書"扱い、アメリカでのゲームは"普及品"であることが分かります。

ゲームの広まり方、一般性の日米の大きな差にはこの"ゲームの価格"に大きな原因があると感じるのは誤りでしょうか?

この指摘が正しいか、間違っているかは分かりませんが、グローバル経済下においては結局のところ"理由無く割高なもの"は生き残れないのです。
posted by AGAな人○ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験レポート

2011年07月15日

面白いサイトリンク集

じわじわと増やしている面白いサイトのリンク集ですが。

面白いサイト・ニュース


やはり昨今はユーザージェネレイトコンテンツの力をビンビンと感じますね。

あるいはリアルゲームというアプローチ。

海外では当然だった"ゲームの特性"を教育につないでいくアプローチは強まる一方です。
posted by AGAな人○ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Little_News

2011年06月09日

東日本大震災関連のアクション

東日本大震災以降、アナログゲームアソシエーションとして実施した震災対策について以下のように報告させていただきます。

□寄付
NGO JEN/国際赤十字へ 各4000円
(ただし現在法人格停止のため、名義は長谷中 義巨)

posted by (C)Yosio_DMZ
JENからは5月頭にはすでに活動報告が届いていました。

□ゲームの寄付
・クク
・CASSANOVA
・モンスターメーカー(×2)

812504_1100362276_96large.jpg
これは4月30日に現地到着を確認しました。

届けた方からいただいた写真です。
posted by (C)Yosio_DMZ

□被災地向けのゲーム会への検討
現在被災地でのゲーム会開催へ向けた検討を進めています。
システムやパッケージの選定、開発を続けています。

以上です。
posted by AGAな人○ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年03月09日

理事長の話【4】AGAの価値基準

組織の価値観を明示することが経営の最初で最大の義務であると私は考えている。

なぜならば、この価値観をアイマイにすることは経営者の卑怯であるからだ。

曖昧な価値観に基づいた場合(たとえば「安全第一、品質第一、顧客第一(そして内部的に利益第一)」を掲げていたりする場合)、現場がこれらの価値の順序を判断することになる。

もしこの判断で問題が起こった場合、経営者(あるいは上司)はこう言うはずだ「普段からそうは言っていなかったですが(なんせすべて一番って言ってたもんね!!!)…現場はよく叱っておきます」。

しかしこの問題の原因は現場が価値観の順序の判断を間違えたことには無い、経営者あるいは上司が価値観の順序を示さなかった事にある。

AGAのリーダーの最初で最大の義務は価値観を示すことだ。そしてその価値観でトラブルが起こった場合、必要に応じて責任を取ることである。

責任を取るとは、価値観の意図を説明し、謝罪し、ある場合には保障する事、そしてある場合にはその取引を停止することである。

【ステークホルダーについて】

1st 会員

2nd 従業員

3rd ゲーム発信者(アマチュア・個人経営)

4th 市民

5th ゲーム業界

AGAが最も重視するのは、同志としての会員および従業員である。

彼らが現実に対する行動をすることが善悪を超越して"新しいゲーム、新しいスタイルに挑戦する"事になるからである。

従業員と会員で会員が重視されるのは、従業員という官僚職の人間よりも、アナログゲームの振興に尽くす"個人としての会員"を優先するからである。

次に優先されるのはアナログゲームに関わる個人である。アナログゲームを前進させてきたのは無名のゲーム紹介者あるいはゲームマスターであるとAGAは信じる。

次に潜在顧客である市民である。市民の順位が低いことは市民軽視ではない。

AGAの想定する会員や従業員は市民に受け入れられるゲームやそのシナリオを構築することを目的とする。

会員や従業員、そしてゲームの発信者を優先することで、結果として市民にとって優れた価値が発生すると信ずる。

最後に意識するのはゲームの業界である。AGAは現在の産業としてのゲームを成り立たせた先人たちに敬意を払う。

【価値観】

"アナログゲームのあり方に新しい方向性を提示し、世界を豊かにする。"

1st 新しい価値観の研究・調査・提示

2nd 表現・伝達

3rd 提示した未来の自力での実現

4th 効率性

5th 提供される価値の品質

AGAはまず新しい価値観の研究及び提示をその第一の優先とする。AGAが独力での新しいスタイルの発明という形とともに調査の過程で発見されたスタイルやゲームを広く一般に提示しそれを流布することを第一優先とする。

第二にそれをより理解されやすい、面白い形の表現へと置き換えることを重視する。そのスタイル、ゲームの良さを"伝達"できる形へ変換することでより一層の議論促進をさせることを目的とする。

第三には提示した新しいスタイル(未来)の自力での実現である。AGAは提示と議論を最優先するが、これらの実現にも努める。

第四には活動の効率性である。これは官僚主義、その他の無用な修飾主義によるロスをゼロにすることでよりアクティブな活動を優先する事を目的とする。

第五にはこれらの提示、実現する価値の品質である。AGAは"品質第五"となっているように完璧主義を取らないが、可能な範囲で考え尽くし、品質の向上に努める。

【3ステップ】

1st 好奇心を高いレベルで持つ

2nd 記録

3rd 発信

第一に"好奇心を高いレベルで持つ"ことである、社会とゲーム全体について高いレベルの好奇心を持ち、調べ、仮説を立てる。

第二にそれらを必ず保存する。

第三にそれらを必ず発信する。そして可能であればそれの特性をより明示する形の表現を行う。
posted by AGAな人○ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の趣旨解説

2010年03月16日

理事長の話【3】その活動は"公益"?それとも"共益"?

〇公益と共益

政府の公認を受けるNGOは(認定NPOであれ、公益法人であれ)"公益のための活動"をその軸とすることが要求される。

"公益"とは公の利益という意味だ。政府からの公認を受けるのだから当たり前の事だ……といわれそうだがこれがなかなか難しいのだ。

公益に対して用いられる言葉に"共益"がある。

公益と共益の違いは、対象の広さによるものである。

"公益のための活動"と言うにはその活動は"一般市民"を対象にせねばならない。

もしもそれが既存のユーザーや、その業界の関係者だけを対称にするものは、これはたとえ対象にどれだけ多くの人が含まれていても"共益活動"という事になる。

共益活動を行なう組織は"業界団体"として認識される。法律の精神から言えば"業界団体ならその業界で支えるべき"という事になってしまう。

AGAは公認のNGOを目指しているので、当然ながら活動は"公益活動"を志向することになる。

〇AGAの活動

AGAのイベントは(もちろん例外もある、アナログゲームの世界の振興はAGAの設立目的の一つだから、共益的な活動は当然ある)その多くは"公益活動"であるか?を念頭において行なわれる。

……昨年や一昨年のイベントの評価で"子供が居る中でゲームなんぞできるか"というような狭量な意見が出たと聞いているが、私はこういう人に言えることはない。

ただAGAは"公益活動のように見える"活動をしてお茶を濁すことはしない、真剣に"公益活動"を追求する方針だ、従っていかに強固に、あるいは巧みに"一部の市民を排斥せよ(例えば子供や老人、あるいはKYな人!)"という声が上がってもそれは断固として拒否する。

そもそも子供や老人、あるいはKYな人というものを排斥を正当化する理由などないのだ。アナログゲームのイベント会場はレストランではない。

騒がしいのはむしろ日常的な事だ(AGAのイベント運営基準で一つの卓に対して一定以上の面積を割り付けるルールがあるのはゲームは音を立てるものであるから、相互の卓の干渉を配慮しなくてはならないからである)。

KYな人というのは居るのかもしれないが、むしろ多くの場合KYというのは"異質排斥の大義名分"でしかない、"多数決だ、みんな賛成している"と思う人が居るかもしれないが、たまたま集まった4人や5人の多数決で出る結論は偏向していると考えて良いと思う。

AGAは公益活動を重んじる立場から、排斥行為には反対する。ゲーム環境には一定の配慮はするが、狭量な発想、短絡的主張に組することは無い。

〇共益と公益

さてでは共益と公益は相反するものだろうか?

行政の運用上ではこれははっきりと区分されている(必要に応じて国が予算をつけて補助するかもしれない組織の性格付けなのだからこれは当然の事だ)、が、実際にはこの二つは相互に補完しあう関係だ。

公益は日本国民全体に益のある活動ということだ。AGAはこれをアナログゲームの振興と意義の啓蒙という形で実現するし、できると信じている(アナログゲームにはその価値が元々あるのだ)。

と、同時にAGAはこれを実現するために共益活動にも従事する。なぜならば、共益活動でフォローされる人……ゲームの供給者、既存の消費者……がより高度な活動を行なう事が公益に貢献するからである。

もちろんよりよいゲームの供給は公益になる。また、プロのゲーマーなどが生まれれば、それは公益につながる可能性が高い。専門の研究職が生まれると、その分野は大きく進歩する(必ずとは言わないが)。また単に技術的な進歩だけでなく、外に対して適切な解説者を得ることにもなる。子供向けの解説書や絵本というのは、その分野に専心している教授などが受け持つ事が多い、それはその世界の事を深く理解した人間だからこそ、ある部分は省き、あるいは簡単に説明できるからだ。子供や初心者にわかりやすい説明が行なわれるとすればそれは公益的な活動であろう。

アマチュアサークルが高度な活動が可能になればそのイベントには市民も参加が出来る可能性が高い…つまり公益的な活動が広がるという事になる。

AGAはいつもそっと、しかし繰り返し"私達はアナログゲームの世界を豊かにすることを補助する団体です"と述べている。私達は私達自身が行なう活動でアナログゲームを広げてやろう…とは必ずしも思っていない。私達が最大の使命と考えているのは、公益的な活動が出来るような個人や、団体の助成である。

私達はそれが公益につながる事を念頭において共益活動にも従事する。
posted by AGAな人○ at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の趣旨解説
Powered by さくらのブログ